Home»  一般歯科

一般歯科

むし歯治療

虫歯はプラーク中の細菌が酸を出し、それによって歯面が溶けることから始まります。
 

■進行度合い

C-1

C-2 C-3 C-4
エナメル質を溶かし、小さな穴があきます。 エナメル質を超えて象牙質に広がっています。
冷たい物がしみます。
神経(歯髄)まで進んでいます。たえず激痛に悩ませるほどの痛みです。 歯根まで進んだむし歯です。根の先に化膿ができ、顔が腫れたりします。

 

歯周病

実は歯を失う原因のナンバーワンが歯周病です。歯周病は、歯の歯を支える周りの歯槽骨がへり、歯が最後には脱落する病
です。

治療方法はプラークコントロール(歯垢の発生を予防)です。プラークコントロールはご家庭での正しいブラッシングに加え、医院においてP.M.T.C.(専用機械によるプラーク・歯石の除去)をおこなうことで歯石の発生を防ぎます。

 

軽度歯周病(歯肉炎)

歯石やプラークが原因で歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れたり出血したりします。

 

中等度歯周病(歯槽膿漏)

歯の根を支えている歯槽骨が溶けはじめます。歯ぐきの腫れ、出血に加えて、膿まででることがあり、歯が前後左右に揺れだします。

 

重度歯周病

歯を支えている歯槽骨がほとんどなくなり、歯肉の喪失、歯根の露出がおきます。歯の揺れがひどくなり、必然的に自然と歯が脱落してしまうでしょう。