Home»  咬合育成

咬合育成

咬合育成とは?

お子さんの健全なかみ合わせの育成のために・・・

子どものあごが大きくなり歯が生え替わる時期を通じて、歯並びが綺麗に完成するように生え変わりを手助けする治療が咬合育成です。

歯ならびやかみ合わせが乱れる原因は様々です。指を吸う癖、口呼吸、むし歯、噛み癖などが互いに影響しあって原因になっています。絡み合ったこの原因の糸をひとつひとつ解きほぐしながら成長を見守るのが咬合育成です。

そのため、治療方法も多岐にわたり、口唇や舌の訓練、邪魔になっている乳歯を抜歯、永久歯が生えてくるためのスペースを確保など各人に合わせた治療方法が必要となります。

生活習慣が主な原因となるので、この時期に生活習慣を改善することで、自然と治ります。

舌や唇の使い方を覚える。
癖をつけない。
・おしゃぶり
・指しゃぶり(あごの骨格を形成→受け口、出っ歯など)
・母乳の時期(1歳くらいで断乳)
 
生活習慣を正しくする。
・姿勢
・食生活
トレーニング
※トレーニングに対しての集中力に限界があるので、1番悪影響のあると思われるくせをトレーニングによって改善。
 
この年齢になると、自然に正しい形に戻らなくなるので矯正装置を利用します。

生活習慣を正しくする。
・姿勢
・食生活
舌や唇のトレーニングを行う。
・舌を使う練習
矯正装置を利用し、部分矯正を行う。
・あごの誘導など

 

矯正治療に対する注意事項

1. 患者さんの協力状態や歯の動きにより治療期間が延長したり、治療途中で治療方針を変更することがあります。
2. 矯正装置をはずした後、保定装置をきちんといれていないと歯並びは戻り、もう一度矯正装置を入れることがあります。
3. 治療前の不正咬合の状態により、保定装置を入れている期間が違います。
4. 日常生活習慣(姿勢、食べ方、習癖など)や、鼻呼吸ができない鼻の病気やのどの病気が、かみあわせに悪い影響を与えている場合は、家族で協力し合い、しっかりと改善する努力をしないと治療期間が延長するばかりか、一度治ってもまた悪くなる場合があります。
5. 普段から口呼吸をしていると、虫歯や歯周炎になることがあります。
6. 第2段階目の矯正治療が必要な場合には、再検査・診断を行い、治療費の再契約を致します。

矯正治療中には、次のような事が起こることがあります。ご注意・ご了承ください。

1. 歯磨きが悪い場合には、むし歯や歯周炎になることがあります。
2. 矯正装置を装着したときは、数日間歯が浮いたような痛みがあり、特にでこぼこの強い人や口の小さい人は装置に慣れるまでに口内炎ができる事があります。
3. 装置を指で何度もいじったりするとワイヤーの装置の一部が壊れます。また、いじったり他の強い力が何度も加わると歯の根の先が短くなる事があります。
4. 成長発育によるオトガイの突出(特に下顎前突)は矯正治療では治せません。外科手術が必要になる事があります。
5. 矯正治療中、顎の関節が痛くなる、音がする、口があけにくくなる、というような症状が出た場合には、すぐにお知らせください。その場合には、顎関節症の治療をする事があります。

 

症例

CASE 1 :叢生

 

CASE 2 :反対咬合
BEFORE AFTER

 

BEFORE AFTER

 

CASE 3 :反対咬合
   
   
   
   
   

 

CASE 4 :過蓋咬合
   
   
   
   
   

 

CASE 5 :上顎前突
   
   
   

 

料金表

診査
・初回審査・診断・・・¥20,000
・途中審査(パントモ、セファロ)・・・各¥4,000

矯正装置(2段階矯正)
・1期治療(正常な被蓋改善、永久歯のスペース確保/混合歯列)・・・¥300,000
・2期治療(更なる拡大、歯列矯正/永久歯列)・・・¥347,620

矯正装置(1段階矯正)
・永久歯列の歯列矯正・・・¥600,000
・MTM(限局矯正)・・・¥40,000
・舌側弧線装置・・・¥80,000

その他
・MFT(月1回)・・・¥2,000
・ワイヤー調整(1期治療、3~4W毎)・・・¥3,000
・ワイヤー調整(2期治療、3~4W毎)・・・¥5,000
・ワイヤー調整(1段階矯正、3~4W毎) ・・・¥5,000
・チンキャップ・・・¥40,000
・保隙装置(全顎分)・・・¥50,000
・リテーナー ・・・装置ごとに別途

※価格は全て税抜き表示です。
※上限50万円(自費治療)までカード支払いが可能です。受付スタッフまでお気軽にお問い合わせください。