Home»  インプラント

インプラント

インプラントとは?

インプラントは失われた歯の代用となる人工歯根のことです。
インプラントは『第二の永久歯』と呼ばれるほど、本物の歯と遜色のない見た目、食感を取り戻すことが可能な治療方法です。
 
■インプラントのメリット   ■インプラントのデメリット
・見た目が天然歯に近い。
・自分の歯のような感覚で噛む事
 ができる
・よく噛めることで全身的な健康
 によい影響がある
・インプラントを顎の骨に埋め込
 む手術が必要
・疾患がある場合には治療できな
 い場合がある
・比較的費用が高い
   
インプラント治療の詳細 >>
   
両隣の歯を削って人口の歯をかぶせます。

噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすい。
歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまう。
インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる。
歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる。
 
人工の歯を固定するために金属のバネで健康な歯に固定します。

金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる。
常に違和感がある。
金属のバネが見えて、見栄えがよくない。
金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく丁寧に掃除しないと、虫歯や口臭の 原因となる。
人工の歯を両隣のインプラントで支えることができます。

インプラントは時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える   力は健康な歯とほとんど変わらない。
単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる。
外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない。
特別なケアの必要がない。
 
人工の歯(入れ歯)を歯茎全体にかぶせます。

入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。
硬いものが噛めない。
入れ歯が舌を塞いで、味がわからない。
食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり、痛む。
顎がやせしまったために、年老いて見える。
複数のインプラントを埋め込み、人工の歯を固定します。

インプラントは顎の骨に固定されるため、ぐらつかない。
天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる。
食べ物が挟まることはほとんどない。
天然の歯と同様の外観を保つため、年老いて見えることはない。

 

症例

CASE 1 : 欠損部にインプラント埋入
BEFORE AFTER
BEFORE AFTER

 

CASE 2 : 左下の欠損補綴
BEFORE AFTER

 

CASE 3 : 欠損部にインプラント埋入
BEFORE AFTER

 

CASE 4 : 欠損部にインプラント埋入
BEFORE AFTER

 

CASE 5 : 欠損部にインプラント埋入
BEFORE AFTER

 

CASE 6 : 欠損部にインプラント埋入
BEFORE AFTER

 

BEFORE AFTER

 

1. 事前の検査
歯科医師が検査を行い、レントゲン写真をとります。

2. インプラントの埋入
通常は1回の治療で行われます。仮のブリッジも同時に装着できるので、歯科医院を出てすぐに、通常通りの状態で歯を使用できます。

3. ブリッジの装着
通常は、仮のブリッジをインプラントにすぐに装着できますが、インプラントが顎の骨と完全に結合するまで1~2ヶ月かかることもあります。インプラントが完全に結合してから、最終的なブリッジを装着します。

4. 美しい仕上がり
自然な仕上がりの新しいブリッジは、元の天然歯と同様に圧力に耐えることができるため、好きなものを安心して食べることができます。

 

CASE 7 : 下顎欠損のインプラント治療
BEFORE AFTER

 

1. インプラントの埋入
最初に、オーバーデンチャーを固定するためのインプラントを埋入します。必要なのは2本のインプラントのみです。

2. オーバーデンチャーの装着
インプラントの上にオーバーデンチャーをしっかりと固定します。オーバーデンチャーは取り外し可能なため、外して洗浄したり、口腔内を清潔に保つことができます。

3. 美しい仕上がり
滑ったり、ずれたり、カチカチと音を立てたりする心配はもうありません。人生を思い切り楽しむことができます。
 
   
CASE 8 : 上顎前歯部の補綴インプラントによる義歯、下顎インプラントによる補綴

BEFORE


  AFTER
BEFORE AFTER
   
CASE 9 : 下顎2本インプラントによる磁性アタッチメント総義歯
BEFORE AFTER

 

アフターケア

1. お風呂・お酒・運動など、血のめぐりの良くなる事は避けてください。
2. うがいはしすぎないようにしてください。
3. 手術後、薬の服用に関しては、決められた時間に必ず服用してください。もし、服用後にアレルギー反応などの副作用が出た場合は、ご連絡いただくようお願いします。
4. 唾液が少し赤くなる程度の出血は問題ありませんが気になるようであれば清潔なガーゼを30分程咬んでおいてください。
5. 手術した部分に関しては、指や舌で触れないようにしてください。
6. お食事に関しては、できるだけインプラントの部分を避けて、やわらかいものをとるようにしてください。
7. 歯磨きは、インプラントの部分を避けてできる範囲でしてください。そのとき、歯磨き粉は使用しないようにしてください。
コンクールでのうがいは、手術した次の日から行うようにしてください。

 

料金表

・診断料 ・・・ ¥30,000
・1次手術 ・・・ ¥200,000250,000(本数と骨造成の必要性によって異なる)
・2次手術 ・・・ ¥50,000
・補綴 ・・・ ¥80,000150,000(補綴の種類によって異なる)
・静脈内鎮静 ・・・ ¥50,000

※価格は全て税抜き表示です。
※上限50万円(自費治療)までカード支払いが可能です。受付スタッフまでお気軽にお問い合わせください。